話題

ベッキーが過去を脱ぎ捨て上を向く!宝島社が粋な広告で新たな一歩を演出

更新日:

2079163_201609290322176001475149190a

宝島社のセンスに拍手!

バージョンアップしたベッキーがそこにいた

「あたらしい服を、さがそう。」

9月29日木曜日の日本経済新聞に宝島社のカラー見開き広告が掲載。

キャッチコピーは「あたらしい服を、さがそう。」

素肌の背中をさらした美女がブルーグレーの背景のなかに浮き上がっている。

一見、誰かわからないような顔の角度。

「これ、ベッキー?」

この広告、かなり良いのではないですか。

「あたらしい服を、さがそう」のコピーにベッキーを持ってくるとはやられました。

丁度この日、ゲスの極み乙女の川谷さんにあたらしい恋人かのニュースが話題になっていました。

なんという僥倖。

これ以上のスパイスはない。

広告効果、倍増!

ベッキーのゲスの極み乙女の川谷さんからの決別をこれ以上ないくらいに演出。

宝島社も、さすがにこの広告を企画したときにここまでは計算していなかったでしょうね。

ベッキーさんを起用するのと、コピーとはどちらが先に企画にあがったんだろう。

ひさしぶりにシャレの効いた粋な広告をみました。

スポンサーリンク

宝島社の面目躍如!

宝島社のブランドイメージも好感度が急上昇したのではないでしょうか。

ベッキーさんは、インスタグラムのなかで「より素敵な広告にするために、制作チームのみなさんと相談をして、新しい髪型にしました」と短くした新ヘアスタイルについてコメント。

続けて「この出会いに心から感謝しています」とのコメントとともに広告写真も掲載。

これを見たファンからの「いいね」は1日で74000件!を越えています。

ツイッターでは「きれい」「再出発してほしい」など、ベッキーさんを応援するつぶやきがある一方、ネガティブなつぶやきも……。

「これ以上、落ちていかないことを祈るばらり」「どんどん道踏み外している。もう完全復帰は無理なんじゃない?選択が間違っている…」

 

賛否両論!

救いは、どちらの意見もベッキーさんに好意的な印象を受けること。

妻がいる男と付き合ったベッキーさんも確かに悪い。

しかし、ここまでのゲスの極み乙女の川谷さんの言動を見ていると……。

ベッキーさんもある意味、被害者じゃないかと思えてしまう。

ベッキーさんの不倫の相手がゲスの極み乙女の川谷さんではなく、まあありえないけれど梅沢富夫さんだったら全く違った展開になっったんだろうな。

 

男をみる目がなかったということか

所属事務所の不手際もあり、バッシングの集中砲火を浴びていたベッキーさん。

この広告は、新しいベッキーさんの始めの一歩というメッセージが伝わってくる。

「この出会いに心から感謝しています」

ベッキーのこの一言に、彼女の心情が詰まっている。

 

「あたらしい服をみつけることはできるのか」

まだ、テレビへの復帰はできていないが、FMラジオの新番組「ミッドナイト・ダイバーシティー~正気のSaturday Night~」(土曜深夜0・0)で月1回DJを務めることが決まっています。

この広告によって、一皮むけたベッキーがテレビに復帰する日も近いかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-話題

Copyright© トレンドウォーク , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.