話題

ベッキーをあたらしいオンナにしてみせた写真家の与田弘志って一体何者だ

更新日:

images

ベッキーさんの広告が話題になっています。

宝島社が日本経済新聞に掲載した全面広告。

コピーは「あたらしい服をさがそう」

あたらしいベッキーがいる

ゲスの極み川谷さんとの不倫疑惑の記者会見以降の半べそをかいたおびえたような見ているこちらがつらくなる表情から完全に吹っ切れた横顔。

斜め上方のむいた目線がとてもいい。

新聞をひらいてこの広告を見たとき、こうきたか、やられたとショックを受けましたね。

ベッキーが脱いだとか、もう堕ちるだけとかいろんな批判も飛び交っていますが、たかが、裸の背中をみせたからといって、それがどうだというんだろう。

スポンサーリンク

フォトグラフでポルノグラフではない

たとえはおかしいかもしれないが、誰だって、風呂に入るときには服は脱ぐだろう。

汚れた身体をきれいさっぱり洗いながして、さあ明日から頑張るぞという、これはそういうことを表現していると思うんだが……。

間違っていたら、ごめんなさい。

ところで、こんな素敵な写真をとった与田弘志さんとはどんな人か?

 

与田弘志さんとは?

1942年に生まれ、現在74歳。

出身は東京。

74歳でこの写真がとれる感性がとてもいいですね。

この年まで第一線でやってきた与田さんだからこそとれるものなんでしょうね。

1661年に東京都立九段高校をご卒業。

その年にイギリスはロンドンに引っ越しています。

お父様の転勤にともなう海外への移住だったようですね。

 

イギリスでの生活は?

イギリスでは、ロンドンから南西に電車に40分揺られていると到着するギルフォード美術学校を卒業、その後1現在のロンドン・コミュニケーション・カレッジに進学するも単位を落として退学とあいなったようです。

その後、デビッド・モンゴメリー氏のもとで切磋琢磨。

1966年にロンドンに自分のスタジオを開設、ファッション写真かとして活動しています。

1972年、東京に活動の場を移し、現在にいたっています。

 

unknown-1

写真家としての実力は?

「GREEN」、「ある日曜日の午後」で講談社出版文化賞を受賞。

広告写真の分野では東京ADC最高賞など多数を賞を受賞している実力者です。

 

奥さんはいるの?

ちなみに、奥様はイギリス人の美しい女性。

お名前はブリットさん。

プロのモデルさんで、仕事での出会いが二人のなれ初めのようです。

この広告をきっかけに、ご夫婦ともどもいままで以上に忙しくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-話題

Copyright© トレンドウォーク , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.