話題

平昌五輪からみえてきた2020年東京オリンピック運営の課題とは?

投稿日:

平昌オリンピックで選手を苦しめたのは寒さと強風。

スノーボード女子スロープスタイルでは強風の影響で転倒者が続出。

これで公平な競技ができるのかという声もあがりました。

スキージャンプも強風でなかなかスタート出来ない状態

「寒さは信じられないくらい。風の音がすごいんですよ。”こんなの中止でしょ”ってちょっと心の隅で文句を言いながら寒さに耐えていました」
これはスキージャンプの葛西紀明選手がこんなコメントです。

前倒し、延期になった競技は10競技にもおよびました。

そして交通インフラ。
シャトルバスが大幅に不足、多くの観客が寒い中長時間バスを待つことに。

さらにボランティア問題も。

夏に開催する東京オリンピックとパラリンピック。

猛暑&ゲリラ豪雨で競技中断!日程変更もあるのか?

スポンサーリンク

猛暑をどうやってしのぐ?

東京オリンピック期間は7月24日金曜日から8月9日日曜日まで。
まさに夏真っ盛りの暑い時期に行われます。

環境省はオリンピックに備えて去年7月〜9月の3ヶ月間、14ヶ所で「暑さ指数」を計測しました。

暑さ指数とは簡単にいうと熱中症にかかるリスクのことです。

計測の結果は?

スポーツをするのはやめたほうがいいという「原則中止」の最高レベルをオリンピック競技が行われる予定の4ヶ所で25日以上記録しました。

その中には新国立競技場も含まれています。

問題は熱中症です。

競歩やマラソンなど屋外競技は選手だけではなく観客も熱中症対策が必要になります。

暑さ対策は?

競技者向けに温度を8℃低く抑えるアスファルトにすべて張り替える方針。

観客に対しては、自販機の増設や飲料水の無料配布も検討しているようです。

しかし、選手は本番だけではなく練習も猛暑の中でやらなければならないとなれば体調管理が大変です。

観客の行列にも対策が

一般的には会場に入る時など行列は蛇行する形で並ぶが、そうすると風が通りにくくなり熱がこもります。

そこで考えられているのは風通しを良くして熱が通過する並び方。

まっすぐ一列ずつ並ぶようにして、列と列の間を風が通るような工夫が考えられています。

それでも暑いものは暑いでしょうね。

さらに猛暑だけではありません。

もう一つの問題が控えています。

ゲリラ豪雨

確実にやってくるであろうゲリラ豪雨。

野球、ソフトボールなど屋外競技に大幅な日程変更の可能性があります。

マラソンなどにも大きな影響がありますよね。

対策として雨雲を高感度に察知する新しいレーダーの導入が予定されていますが、雨雲を察知したとしても降る雨を抑えることは不可能なので根本的な解決策にはなっていません。

交通渋滞

平昌ではシャトルバスが大幅に不足し、多くの観客が長時間バスを待つことに。

東京オリンピック・パラリンピックでは交通渋滞が問題になります。

競技場が都心部に集中しているのがネック、競技によっては通勤ラッシュと重なります。

そうなると、選手が遅刻という事態もおこりうるかも。

東京都の対策は?

車をなるだけ使用しないように呼びかける。

オリンピック期間中は現状の平日の交通量から15%減(休日)を目標。

一部首都高の入り口の閉鎖も検討。

五輪優先レーンを設置する。

ボランティアの問題

すでに観光ボランティアに外国語を教える講義などが始まっています。

着々と準備は進んでいるようですが、東京オリンピックでは11万人が必要と言われています。

これだけの人数をどうやって集めるのか。

ボランティアに参加しやすい環境づくり

ボランティアに参加しやすいよう学校や企業への協力のお願い。

大学生の夏の試験をずらすように打診。

企業へボランティア休暇制度の導入の奨励。
それにたいしてお金を払うなどを検討するようです。

平昌オリンピックから見えたもの

平昌オリンピックでは、ボランティアの食事が無料ではなく一食1000円もとり、その中身は貧弱。

極寒の中、シャトルバスを一時間以上も待たされるなど、様々なトラブルがありました。

開会式前に2000人以上が参加を辞退、開会式のリハーサルでは約100人がボイコット。

それでも1万人以上のボランティアが働いて大会をサポートしました。

また、運営側だけではなくボランティアをする人にも問題があったようです。

ボランティアが仕事を放棄、選手にサインや写真を求めるマナー違反がたくさんみられたといいます。

ボランティアはオリンピックのイメージを左右する

世界中から応援にくる人に、どれだけ気持ちよくオリンピックを楽しんでもらえるか。

その鍵はボランティアの力にかかっているといってもいいくらい重要な存在です。

成熟した都市東京で開催される東京オリンピック。

若い人だけではなく、高齢者も活躍できる多様性にあふれたボランティアで世界中の人をおもてなししたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-話題

Copyright© トレンドウォーク , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.