ビジネス

肉フェスのサービスにみる新しいマーケットづくりのヒントとは?

投稿日:

東京お台場青梅地区で4月27日金曜日から5月6日日曜日まで開催している肉フェスTOKYO2018。

ここ数年は入場者が減少傾向にありましたが、対策にあたらしいサービスを始めています。

入場者曰く、以前より品数が豊富になった。

値段の割に良いものが揃っているとおおむね好評のようです。

そして、肉フェスから客足を遠のかせる原因の1つがうんざりするほど長い行列。

しかし、今回から行列に並ばなくても絶品メニューを楽しむことができるようになったんです。

行列に並ばなくていい新サービスとは?

名付けてVIPエリアサービス。

特別エリアをつくり、そこに入ればお料理や飲み物をスタッフが持ってきてくれます。

席につき希望のメニューを告げるだけ。

つまり、まったく行列に並ぶ必要がない。

サービスのお値段は?

1人2時間の時間制限でお値段は3500円。

これはVIPエリアを利用するための料金で、料理代は別になります。

まあ、居酒屋のお通し代と比較したらはかなり高めだが銀座のクラブに座ることを考えたら全然安い。

混雑時は20〜30分待ちになる行列が、このサービスを利用すれば5分程度で料理が提供されます。

つまりVIPエリアの客の料理を先に作ってしまうということですね。

その分行列に並んでいる人の待ち時間が増えるということでもありますが……。

利用したお客の感想は?

並ばなくても色々な物が食べられるのがお得な感じ。

以前は行列に並ぶのも大変だけど、今度はテーブルを確保するのがすごく大変。

食べるところを探しながら歩き回ることが結構あったから、今回はそんなことをせずにゆっくり食べたいなと思い利用した。

スポンサーリンク

なぜこのサービスを始めたのか?

肉フェスを主催しる「AATJ」スタッフ曰く、並ばない肉フェスは何だろうと考えたときにやはりテープルオーダー、テーブルチャージというこのサービスを始めたということ。

予想以上に予約でたくさん埋まり、手応えを感じているようです。

3500円という価格も絶妙

これが2000円ぐらいだと多くの人が利用すると考えられ、そうなるとスタッフが十分な対応を出来なくなる恐れがでてきます。

席が不足して、空席待ちの行列ができる事態も考えられる。

逆に5000円以上の金額に設定すると敬遠され十分な利用客が見込めない。

3500円なら家族連れやご年配の方など利用してもいいかなと思えてします。

そのためのサービスでもあるのかVIPエリアの看板には、VIP and FAMILY AREAと書いてあります。

 

さらにハイクラスVIPシートも!

こちらは70000円と高価格。

シャンパン1本、1人1ドリンク、おつまみ、10,000円相当のスペシャル肉メニュー付き。

7歳以下の同伴は入場無料でご利用頂けます。

お客の欲しいを形にする

長い行列にならんだり席を探して歩き回るというストレスがなくなる。

1度混雑にうんざりした経験を持つ人にはありがたいシステムです。

肉フェスの会場に1軒のレストランをつくったようなものですね。

指定の席にすんなり座れて、肉フェスの雰囲気も楽しむことができる。

しかも、厨房がいくつもあり様々な料理を楽しむことができる贅沢なお店。

いままで肉フェスに行ったことがなかった人も足を運ぶようになるのでは……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ビジネス

Copyright© トレンドウォーク , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.