話題

急性胃腸炎で休養していた西川史子女医にみる芸能界のシビアな現実

更新日:

unknown

急性胃腸炎で休養していたタレントの西川史子さんが「サンデー・ジャポン」復帰

2度目の入院からみえてくる芸能界のシビアな現実

昨年の12月1日に体調不良で都内の病院に入院してから、1ヶ月ぶりの番組復帰です。

休養中は、もうサンデージャポンにはもどれないことを覚悟していたようです。

また、番組に出ることができて、ほっと一息というところでしょう。

西川さんは2016年の5月にもおなじ急性胃腸炎で2週間ほど入院しています。

数年前ぐらいから、激ヤセでかなり健康状態がやばいのではと話題になっていましたが、いろいろとストレスがあったようですね。

本人いわく、ペットロスや更年期障害が原因ですとコメントしていますが、一番の原因は2014年の離婚ではないでしょうか。

そのころから、かなり情緒不安定になっていたようです。

出演したバラエティ番組の中でも、物忘れがひどいとか、共演者にイライラするとか、精神的にかなり不安定な状態を感じさせるコメントをしていました。

相当なストレスを抱えていたのではないだろうか。

人に言えないつらい胸の内があるのでしょうね。

西川史子さんは医者でもあるのですが、医者といえども治すことは難しいということか。

本当の彼女は、テレビのなかのトゲのあるキャラとは正反対の、気立てが良い女性だということですから……。

そこに、更年期障害などの年齢的な体の衰えが重なったことが急性胃腸炎の原因なのかな。

更年期障害とは?

更年期障害になると、イライラや食欲減退、やる気がでない、ほてる、汗がでるなどの症状がでます。

40代から50代半ばになると女性ホルモンのバランスが崩れやすくなることでこのような症状がでてくると言われています。

最近では20代〜30代の若い女性にも更年期障害と同じような症状がでているようです。

ストレス、疲れ、不規則な生活、過度なダイエットによる栄養障害などにより女性ホルモンの分泌が悪くなることが原因です。

急性胃腸炎や更年期障害で苦しまないためには、ストレスをためないこと、ストレスを発散すること、バランスのよい食事、十分な睡眠を心掛けることです。

西川史子さんの他にも、案外多くの芸能人が急性胃腸炎にかかっています。

スポンサーリンク

急性胃腸炎や胃腸炎にかかった芸能

女優の武井咲さん

中川翔子さん

篠田麻里子さん

菊川冷さん

フリーアナウンサーの高橋真麻さん

ダレノガレ明美さん

上地雄輔さん

神田沙也加さん

NMB渡辺美優紀さん

モデルの西山芙希さん

タレントの大沢ケイミさん

歌手の赤西仁さん

お笑いタレントのケンドーコバヤシさん

カンニング竹山さん

サンドイッチマンの伊達みきおさん

同じくお笑いタレントのじゅんいちダビットソンさん

スギちゃん

などなど……。

こうやって見ると、中堅どころのタレントさんがおおいですね。

レギュラーが当たり前という存在ではない。

いつ消えてもおかしくないポジション

この業界で、生き残っていけるかどうか、シビアなポジションにいる人たちといってもいい。

声がかかってなんぼの商売だけに、いろいろなストレスがあるのでしょう。

仕事を選んだり休んだりしていたら、自分に取って代わる新しいタレントが後ろから迫ってくる。

人気がでたらでたで、寝るヒマもないくらい忙しくなって疲れたなんていっていられなくなる。

芸能界は、ストレスや過労などにびくともしない強靭なハートと肉体が備わっていないと長くは続けられない世界なんでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-話題

Copyright© トレンドウォーク , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.