話題

初の女性相棒登場か。北川景子が杉下右京と組む?

更新日:

unknown

北川景子さんに白羽の矢?

「相棒」にシリーズ初の女性相棒が登場か?

反町隆史さんが相棒だった「相棒season4]が3月16日に最終回を迎えました。

平均視聴率は15、8%を記録。

season13の最終回の視聴率20、3%には及ばなかったものの、他の民法ドラマを抑えての一位獲得。

二ケタ台はキープしているから、いいんじゃないのと思うんですが、番組をつくっている人たちにとってはそうもいっていられないようです。

season14の第8話で視聴率が12、9%まで落ち込んだことに、関係者の間で衝撃が走っています。

視聴率低下の原因は?

視聴率低下の原因として挙げられているのが、反町隆史さんの起用。

そもそもseason14をつくるにあたって、新しい相棒役には仲間由紀恵さんの名前があがっていました。

仲間由紀恵さんを起用することは、水谷豊さんの希望でもあったようです。

しかし、彼女のスケジュールが合わずにこの話はポシャります。

そして、反町さんの起用となったわけです。

しかし、反町さんの起用には賛否両論あったようですね。

反町さんといえばGDTとかでちょっと不良っぽい役柄が似あうイメージがある役者さん。

今回の相棒役は、警察官ではなくキャリア官僚という設定。

反町さんのキャラクターがその役に合わないのではとの声もありましたが、そんな意見を抑えての起用です。

蓋をあけてみれば、初回こそ18、4%と高い視聴率でスタートしましたが、その数字をキープできませんでした。

そうはいっても、反町さんが出演するということで、相棒を見るようになったという新たなファンもいるわけで、視聴率低下は反町さんだけの責任ではないでしょう。

 

マンネリ化が原因か?

はっきり言ってしまえば、そろそろ視聴者が相棒に飽きてきたというのも原因の一つなんじゃないだろうか。

なにせ、今年で16年目を迎えるんですから。

そもそも、水谷豊さん演じる杉下右京のキャラのマンネリというもの視聴率低下の原因の一つだと思うんですよ。

あの石原裕次郎さんが主演した人気刑事ドラマ「太陽にほえろ」でも放送は14年間です。

しかも、相棒は昼間に再放送をバンバン流している。

露出がすぎると飽きられるのは当然の成行きです。

脚本を書くほうも、これだけつづくと内容の質を維持するに限界がある。

その限界を超えるための苦肉の策が、

 

女性を相棒に

やっぱり次は女性だということになったのでしょうか。 次は女性を相棒にして、いままで見せたことがなかった杉下右京をだしていくというシナリオか。

そこで北川景子さんの名前があがったんでしょうね。

本当は、仲間由紀恵さんが本命だったのかもしれないですね。

変わり者の右京が、女性相棒にペースに振り回されるなんていうのもおもしろいと思います。

そのあたりを関係者も狙っているのかもしれないですね。

でも、なぜ北川景子さんなんだろう。

HEROの木村拓哉さんと北川景子さんのイメージがあったかな。

それとも、ガリレオの福山雅治さんと吉高由里子さんみたいな感じかな。

どんなつくり方をするにせよ、いままでにない「相棒」になるんじゃないでしょうか。

案外、思いっきりこけたりして。

それはそれでおもしろい。

でも、反町さんにもこのまま相棒としてがんばってほしいと思うところもある。

このまま、降板では男がすたるでしょう。

がんばれ、反町さん。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-話題

Copyright© トレンドウォーク , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.