オーラルケア

歯周病の予防にチョコレートを食べると驚きの効果が

更新日:

woman-674977__340

 

グッドモーニング まとめるパネルで紹介

その鍵はカカオ豆に含まれるカカオポリフェノール

ポリフェノールといえば、血圧低下、動脈硬化予防、高ストレス、美容効果、アレルギーの改善、脳の活性化などに効果があることが知られています。

このポリフェノールが、歯周病菌に対して強い殺菌効果があるんです。

チョコレートを食べれば、歯周病予防になるという、うそのようなほんとの話です。

でも普通に食べるのでは、十分な効果が期待できません。

では、どうやって食べればいいのか。

すぐに飲み込まず、口の中全体にチョコレートが広がるように食べるのがポイントです。

溶けたチョコレートが歯全体にいきわたるようにしましょう。

これで、歯周病菌をやっつけることができるなら、こんなうれしいことはない。

 

注意!

チョコレートには糖分もたっぷりと入っています。

チョコレートを口にいれたまま長い時間ほったらかしにしていると、歯周病の予防にはなっても、虫歯の原因になりますから。

食べ終えたら、お茶などで口をすすぎ、歯ブラシでしっかりと歯と歯茎のお手入れをしてください。

スポンサーリンク

寝る前に食べても虫歯にならないチョコレートがある

まとめるパネルで紹介されなかったけれど、虫歯の予防するチョコレートもあることを知っていましたか?

その名も、「歯医者さんが作ったチョコレート」

img_02b

これは、歯医者さんでしか販売されていないチョコレートです。

開発したのは現役の歯医者さん。

長野県松本氏の神谷小児歯科医院の院長神谷誠先生です。

子供たちが大好きなチョコレートで虫歯を予防できないかという思いから生まれたチョコレートです。

 

何故、チョコレートなのに虫歯にならないのか

砂糖の代わりにキシリトールを使っているんです。

キシリトール100%配合

ガムやタブレットでも利用され、WHO(世界保健機関)も推薦し、その虫歯予防効果は実証済みです。

なんと、寝る前になめても安心ということですよ。

ただし、お値段が少々高め。

1袋(60g:1粒3g程度)
30袋入り : ¥17、200(税別途) 10袋入り : ¥6、500(税別途)

 

まとめ

市販のチョコレートのように手軽に楽しむというわけにはいきませんが、自分で楽しむ以外に、歯磨きがきらいなお子さんが歯磨きをすすんでしたら、ご褒美にあげたりしているようです。

こんな記事も読まれています

優木まおみさん納得の歯周病対策!ためしてガッテンで緑茶うがいを紹介

マスティック樹脂に歯周病予防の効果あり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-オーラルケア

Copyright© トレンドウォーク , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.