ヘルスケア 話題

アーモンドを1日23個食べれば老眼になりにくいって知ってました?

更新日:

book-841171_1920

老眼になりたくなければ、アーモンドを食べましょう。

老眼の防止にはアーモンドがいい。

1日アーモンドを23粒食べると老眼防止に効果があるそうです。

先日、某テレビ番組で肉や魚を料理したときにできる焦げをよく食べる人は老眼になりやすいとお医者さんが言っていました。

焦げと老眼とアーモンドにどういう関係があるんでしょうか。

老眼は40歳ぐらいから始まっている⁉︎

そもそも老眼ってなに?

老眼とは、近くのモノがぼやけて見えにくくなる症状のことです。

新聞や本の活字がはっきりと見えなくなります。

症状がひどくなると、老眼鏡なしでは読めなくなります。

ピントをあわせる機能が低下してくるんです。

 

老眼は40代からじわじわとやってくる

老眼ときくと60歳ぐらいの年齢から始まる目の症状と思っていませんか?

実は速い人では40歳を迎えるころから老眼になっていくんですよ。

年をとると、目の玉の水晶体も濁ってくるし角膜も傷んでくる。

目を動かす筋肉も動きがだんだん鈍くなってきます。

いわゆる老化というものです。

老眼だけではなく、年をとれば体のあちらこちらの調子が悪くなってきます。

スポンサーリンク

老化には、酸化と糖化が関係している

酸化とは、文字どおり体が錆びていくことです。

鉄が錆びるように、人の体もだんだんと錆びていきます。

糖化とはタンパク質と糖質が結び合うことでAGE(終末糖化産物)という物質が生まれることをいいます。

「タンパク質と糖が加熱されてできる物質」のことです。

このAGEは強い毒性を持ち、老化を進めてしまう原因物質とされているものです。

老化の原因といわれるものは単純にこれだけではないんですが、このAGEが原因の一つであることは間違いないです。

このAGEが体内に溜まることで視力が低下、老眼をはやめることになるということです。

老眼だけでなく、動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞、アルツハイマーやパーキンソン、骨粗そう症などの原因になることがわかってきています。

AGEには体内で作られるものと、加熱調理することでできるものがあります。

 

体内で作られるAGE

では、どうやってAGEが体内で作られるのでしょう。

食事の後は、体内の血糖値が急上昇します。

その時、人の体のタンパク質と糖が結びつき、体温で温められることでAGEができるんです。

つまり、食事を摂ればかならずAGEができるということ。

しかし、食後に急上昇した血糖値が短時間で下がると、糖と結びついていたタンパク質が元の状態にもどります。

だけど、血糖値があがった状態が長く続けば、タンパク質は元の状態にもどらずAGEとなり体の中に残ります。

いつも何かを口にしていたり、間食に甘いものをたくさん食べたりしたら、血糖値は上がったままで下がりにくくなります。

この状態が続くと、AGEが生まれ体内にだんだん溜まっていきます。

 

library-2301840_1920

加熱調理で作られるAGE

もう一つ、料理することでできるAGEとは、火を使うことで生まれるものです。

AGEは「タンパク質と糖が加熱されてできる物質」ですから、加熱調理をした食べ物に含まれます。

加熱調理をした料理を食べるということは、必ずAGEを体の中に取り入れているということになりますね。

加熱調理した食べ物のなかでも焼き肉やステーキ、焼き魚に焼いたパンにできる焦げた部分に、AGEはたくさん含まれています。

テレビの中で先生が焦げを食べると、老眼になりやすくなりますよと言ったのはこのこと。

 

AGEは避けることができないものなの?

AGEが体の中に入ることが避けられないなら、どうしたらいいのでしょう。

仕方がないとあきらめるか。

いえいえ、あきらめることはありません。

体の中に入るのが仕方のないことなら、体の中にできるだけAGEが溜まらないようにしましょう。

almonds-1768792_1920

そこで登場するのがアーモンド!

アーモンドの中に含まれているアルギニンとオレイン酸。

このアルギニンとオレイン酸がAGEの発生を抑える働きをします。

アルギニンは、糖がタンパク質とくっつくより先に糖とくっついて、タンパク質が糖化するのを防止するんです。

オレイン酸は、食事に取り入れることで血糖値の上昇が緩やかになります。

実はこのアルギニンとオレイン酸、アーモンドにたくさん含まれているんですよ。

また、アルギニンやオレイン酸のほかにも、いろんな栄養がたっぷり含まれた素晴らしい食べ物です。

だから、テレビで先生がアーモンドを食べましょうと言ったんですね。

松潤がはまった今話題のハニーナッツって何?

 

どれぐらい食べればいいのか

1日およそ25gのアーモンドを食べると効果があるようで、数にすると大体23~25粒ぐらいになります。

でも、よほどアーモンドが好きな人でもない限り、毎日23粒も食べるのは大変ですよね。

体にいいとわかっていても、たぶん長くは続かない。

ぜったいに飽きてくる。

そうなったらどうするか。

アーモンドを食べるのではなく、飲んでしまいましょう。

 

images

アーモンドミルクを飲む

近頃は、アーモンドミルクというものも販売されています。

アーモンドを食べることに飽きたら、飲んで楽しむ。

野菜や果物といっしょにスムージーにしていただくのもいいアイデアです。

私は、アーモンドやピスタチオを酒のおつまみにしています。

こういう楽しみ方もありですよね。

もちろん、お酒の量はほどほどにですが……。

 

老眼に効くのはアーモンドだけではない

このアルギニンやオレイン酸は、アーモンドだけに含まれるものではないんです。

ピスタチオやクルミなどの木の実のほか、ピーナッツにもたくさん含まれています。

それ以外にも、普段からあなたが食べている豚肉、鶏肉、牛肉や大豆食品にピーマンなどの野菜にも含まれています。

肉なら、豚、鶏、牛なんでもOK。

特に豚ゼラチンに驚異的な量のアルギニンが含まれています。

豚ゼラチンは皮に多く含まれているので、角煮なんかがいいでしょうね。

 

まとめ

魚、大豆に野菜もどんどん食べましょう

魚は、マグロや海老に多く含まれています。

魚のいいところは、生で食べれるところです。

加熱調理しないで、おいしくいただける。

大豆の加工品では、意外にも高野豆腐が一番アルギニンを多く含んでいます。

結局、いろんな食材をバランスよく食べるということが、老眼にかぎらずいつまでもわかわかしく生きていくために大事なことなんでしょうね。

その中で、毎日じゃなくていいですから、アーモンドを含めいろんなナッツ類を意識して取り入れたらどうでしょう。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

老眼を予防したいならルテインが豊富なほうれん草を食べましょう

アンチエイジング(若返り)には抗酸化作用のある野菜や果物が最も効果的!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ヘルスケア, 話題

Copyright© トレンドウォーク , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.