ヘルスケア

部屋の温度が適温以下の18℃未満になると高血圧や脳に悪影響が……

更新日:

朝、目が覚めると家の中がしんしん冷え込んでいませんか。

日中も暖房器具を使っても、なかなか室温が上がらない。

もし当てはまるようでしたら、今すぐに室温が下がらないよう対策を施してください。

室温を18度以上に保つことを強くおすすめします。

18度以下の部屋は、あなたやあなたの家族の心臓や呼吸器、脳にまで深刻なダメージを及ぼします。

寒い部屋で過ごすことの健康へのリスクと、室温を高くすることの利点、そして室温を高くする3つの解決法を紹介します。

 

室温と健康には関係がある

慶応義塾大学の伊香賀教授によると、室温18℃未満の家に住む人はそうでない人より6〜7倍も高血圧になりやすいという調査結果がでています。

高血圧の原因とされる加齢や肥満、喫煙、塩分摂取よりも室温が低い方が高血圧になる確率が高くなります。

高知県の山あいの町で約1100人を10年間調査したもので、、さらに室温13℃とかなり寒い家に住む人の脳は、16℃の室温の家に住む人より6歳老化が進んでいるという結果がでています。

 

イギリスでは室温21度を推奨

イギリスの保健省が推奨している室温は21度です。

過度な寒さは基本的人権の侵害と考えています。

イギリス保健省は、18度未満では血圧上昇で循環器系が病気になるリスクが高まり、16度未満になると呼吸器系疾患による抵抗力低下のリスクが高まるといっています。

寒い部屋には行政から改善命令がでる

イギリスではセントラルヒーティングで各部屋を暖める集合住宅がたくさんあります。

そんな集合住宅の賃貸住宅で室温が18℃に満たない部屋があると、まず改善命令がでます。

それで速やかに改善されなければ、どうなるか。

容赦なく解体命令がでます。

それだけイギリスでは国自体が、室温と健康の関係を重要視しているということです。

 

室温が高くなるとどうなる?

近畿大学の岩前教授が断熱効果の低い家から高い家に引っ越した約2万4000人を調査した結果、あきらかに健康が改善することがわかりました。

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎の症状が改善しています。

さらに、首都大学東京の星名誉教授は、室温が高くなると血圧が安定するので心疾患のリスクが減少するといいます。

また、部屋が暖いので夜間の頻尿が減少。

さらに日中は、家のなかで自然に動く量が増えるので筋肉が衰えなくなるということです。

 

室温が低くなる原因は?

室温が下がるのは外気が侵入と、室内の暖かい空気が外に流出することが原因です。

家のどこから、室温が流出するかというと、

窓      58%

外壁     15%

屋根       5%

換気扇の穴      5%

床          7%

 

表を見ると、窓からの流出がもっとも大きいことがわかります。

そうであるなら、窓の防寒をうまくやれば、室温を逃がさず、室内を暖かく保つことができるということになります。

窓の防寒といえばカーテンが有効ですが、カーテンがあっても、窓自体が密閉していなければ、どうしても暖かい空気が漏れてしまいます。

そこで何らかの工夫が必要になりますので、予算別の対策を紹介します。

 

室温を高く保つお手軽な方法とは?

100円〜、プチプチを利用する

荷物などの梱包につかうプチプチを窓に貼りましょう。
100円ショップやホームセンターで購入できます。

選び方のポイントは気泡がしっかりあるもの。

片面に気泡がむき出しになっているものではなく気泡を両面で挟んでいるものを使ってください。気泡が両面から挟まれていることで間の空気があたたかくなります。

窓のカーテンの間に垂らすのも有効です。

1000円〜、紙製ボードを使う

2メートルほどの紙製ボードを利用します。

段ボールでも構いません。屏風のような形にしてカーテンの手前に置きます。カーテンと床のあいだの隙間をふさぎ、窓からのすきま風が入るのを防ぎます。

窓とカーテンの間ではなくカーテンの部屋側に置くことがポイントです。

5万円〜、内窓を設置する

専門業者に依頼して内窓を設置します。

1ヶ所5万円(参考価格)ほど費用がかかります。

自治体によっては補助金がでるところがあります。東京都の場合、費用の1/6、最大で60万円まで都が負担するということです。

内窓は夏の冷房にも効果があるので年間を通して、快適な室温で過ごすことができます。

 

まとめ

室温は冬で22度前後、夏場は27度前後が適温です。

高齢の方や、高血圧、糖尿病などの生活習慣病を持っている方で、持ち家や分譲マンションにお住まいなら費用はかかりますが、内窓をとりつけることをおすすめします。

賃貸の場合は、プチプチや段ボールで対応することが、光熱費もかからず出費も抑えることができます。

ホットカーペットやこたつを合わせて利用することをオススメします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ヘルスケア

Copyright© So Far So Good , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.