ヘルスケア

妊娠してからでは遅い!葉酸は子作りを計画した時から女性が摂るべき栄養素です

更新日:

baby-165067_1280

葉酸はお腹の中の赤ちゃんが五体満足で生まれるためにとても重要な栄養素!

しかし、痩せたいからと過剰なダイエットや偏った食生活で葉酸不足の女性が増えています。

食べないダイエットや偏った食品を食べるようなダイエットは注意が必要です。

妊娠がわかってから葉酸を摂りはじめても手遅れという場合があります。

妊婦さんに葉酸は欠かせないもの

妊娠中の女性は積極的に葉酸を摂りましょう。

お腹の赤ちゃんの細胞増殖や臓器形成に葉酸は深く関わっています。

とくに妊娠初期に、葉酸が不足すると胎児の神経組織が正常に発達しないことがわかっています。

無脳症や脊髄が皮膚の外に飛びだす「二分脊髄」などの神経間閉鎖障害の子供が生まれやすくなります。

ほかにも貧血、胎盤早期剥離、流産なども発生します。

 

専門家の話

葉酸普及研究会代表で熱田リハビリテーション病院副院長の近藤医師は「葉酸を適切に摂取すれば毎年数百人の子供が障害をもたずに生まれることができる」と言っています。

日本産婦人科医の調査では

日本では、この30年間、障害をもって生まれてくる子供の数は1万人あたり年間5〜7人ということです。

しかし、超音波検査などで、出生前に病気がわかり妊娠中絶するケースもあるので、実際の患者数はもっと多いとみられています。

スポンサーリンク

葉酸とは?

葉酸とは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜などの含まれるビタミンB群の1つ。

1940年代にほうれん草から発見、レバーなどにも多く含まれる栄養素です。

 

葉酸の正しい摂り方は?

葉酸は妊娠前から、十分に摂ることが大切です。

厚生労働省が勧める18歳以上の葉酸摂取量は1日240マイクログラムとしています。(食事摂取基準2015年)

妊婦さんの場合はその2倍の480マイクログラム。

しかし、妊婦さんを対象に葉酸摂取量を調べた結果、1日300マイクログラムにとどまっています。

 

beautiful-young-1434863_1920

葉酸の量が多い食品は?(100マイクログラム以上)

食品(100g当たり)    葉酸(マイクログラム)

ほうれん草(ゆで)     110マイクログラム
ブロッコリー(ゆで)    120マイクログラム
アスパラガス(ゆで)    180マイクログラム

桜エビ           230マイクログラム
生ウニ           360マイクログラム
卵黄            140マイクログラム

子牛の肝臓(生)      1000マイクログラム
にわとりの肝臓(生)    1300マイクログラム

他にも、多くの食品に葉酸は含まれています。

 

葉酸の摂り方でビタミンAが過剰摂取に?

葉酸を摂るためには、レバーを食べるのが効果的ともいえますが、注意が必要です。

それは、動物性由来のビタミンAを摂りすぎてしまうということです。

ビタミンAは、植物性由来のβカロテンと動物性由来のレチノールの2種類があります。

妊婦さんが摂ることを控えたいのは、動物性由来のレチノールです。

動物性由来のレチノールというのは水に溶けにくく油で溶ける性質を持っています。

必要量以上のビタミンAが体内に蓄積(吸収)しやすくなってしまいます。

結果、過剰摂取するとビタミンAが体内に蓄積されてしまい、それが原因で奇形をともなわせてしまうことがあるのです。

レバーなら簡単に必要量の葉酸をとれますが、同時に動物性由来のビタミンAをたくさん摂ることにもなります。

できるだけ、緑黄色野菜などを食べて、葉酸を摂るようにしましょう。

植物性由来のビタミンAは余分なものは体外に排出されるから安心です。

 

サプリメントが有効?

実は、食品中の葉酸は体内で約50%しか使われていません。

つまり、ほうれん草のお浸しを100g食べたとしても、実際には約55マイクログラムしか摂れないということです。

しかし、栄養補助食品(サプリメント)の化学合成された葉酸は利用効果が約80%もあります。

食事だけでは、量が不足しがちになるようなら、サプリメントを利用も考えましょう。

 

葉酸の副作用は?

葉酸は体に必要な栄養ですが摂りすぎは発熱、かゆみなどの症状を起こす場合があります。

サプリメントは簡単に摂ることができるので、注意が必要です。

サプリメントなどの摂取量は、成人で多くても900〜1000マイクログラム以上、摂りすぎないように注意してください。

また、サプリメントの栄養成分等もしっかり確認して、動物由来ビタミン(脂溶性ビタミン)が含まれていないか確認しましょう。

 

海外では食品への添加を義務付けている

アメリカでは98年に穀物などへの葉酸の添加を義務化されています。

食糧栄養強化イニシアチブ(FFI)によると、昨年までに世界86ヶ国で食品への葉酸添加政策が実施されました。

患者数が30〜50%減少しているということです。

日本でも葉酸がはいったパンなどが販売されています。

 

まとめ

葉酸は元気な赤ちゃんに育つために大切なものです。

そうはいっても、成人の1日の摂取量240マイクログラムは、食事で摂ることができるかもしれませんが、妊婦さんの必要量480gは食事だけでは、少々無理があるかもしれません。

葉酸を摂らなくてはいけないといつも気にかけていると、それがストレスになってしまいます。

そうならないために、食品だけではなくサプリメントなどを上手に利用して効率よく摂取するようにしたらいいと思います。

無理なく、続けることが大切ですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ヘルスケア

Copyright© トレンドウォーク , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.